【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?

【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?

最後に、社会保険労務士試験に限らず、勉強のモチベーションを上げるために私がやっていた工夫を紹介したいと思います。

モチベーションをアップさせる方法
■合格後の自分の姿を想像
 朝ドラの『花子とアン』ではないですが、古今東西、女子って妄想が大好きですよね(笑)。
私は、勉強が行き詰まったときや、育児に疲れてなかなか勉強モードに切り替えられないときなど、妄想力をはたらかせて気分を切り替えていました。社会保険労務士試験の合格証書を颯爽と上司に提出する自分の姿、資格手当がついて給料が上がって笑いが止まらない自分の姿、同窓会で「結婚もして、子どももいて、資格も取って、すご~い!」と友達に羨ましがられる自分の姿……逆に、このまま勉強もせず、疲れ切ったオバサンになるみじめな自分の姿、なんていうのも想像しました。多少、えげつなくても欲望丸出しでも良いと思います(笑)。他人に教えて傷つけたり不快な思いにさせたりするわけではないのですから。目的は、あくまでも自分がやる気になること! 妄想力に自信のある方はお試しください。

■達成感を視覚化
小学生のころ、私は教室に貼りだされたグラフを見て燃えるタイプでした。漢字や掛け算九九ができるとシールが貼れるやつです。流石に大人になってから壁にグラフを貼りだしてシールを貼ることはしませんでしたが、手帳に小さなシールを貼ったり、やり終えたテキストを雑誌のように部屋に並べたり……視覚的に「私はこんなにやった!」というのが見えるような工夫を随所にしていました。

■自分にご褒美も大事!
娘が生まれてから、私の一番の楽しみは娘に可愛い服を買って着せることになりました。赤ちゃんの服って本当に可愛くて、洋服好きにとってはテンションあがりまくりなんです! そこで、通信教育のテキストが1冊終わるたびに娘の服を1着買う! というマイルールをつくりました。可愛い服を見つけて娘に買ってあげたければ、勉強を進めなければいけない……。これは我ながらグッドアイディアでした。

 勉強がそんなに好きではなかった私ですが、社会保険労務士試験の勉強を始めた2年目には、勉強自体も楽しいものと感じられるようになりました。その秘訣は、自分が楽しいと思えることと勉強とを結びつけるような工夫をしたことだったと思っています。
 これから社会保険労務士をめざす方にも、是非、楽しみながら勉強をしていっていただきたいと思います。


>前のページ>育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~

関連記事

  1. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~
  2. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
  3. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~その勝因は何か?~
  4. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~知り合いの社会保険労務士の先生の体験談~
  5. 【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~
  6. 【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?
  7. 【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
  8. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~
  9. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~
  10. 社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?