【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~

【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~

社会保険労務士試験を独学で受けるという場合のリスクとして一番大きいのは挫折だと思います。そこで、それでもどうしても独学で社会保険労務士試験の合格を目指す! という場合のアドバイスと注意事項をまとめてみました。

独学で勉強するならここに注意
■毎日少しでも勉強することを習慣に
 男性から見ると面倒くさそうに思われるようですが、大体の女性は、外出前にはほぼメイクをします(休みの日や近所のコンビニ程度なら別ですが)。そして、それは当たり前になってしまえば大して苦痛でもありません。また、たとえ面倒くさいと思っていたとしても、毎朝顔を洗わなかったり歯を磨かなかったりする人はいないでしょう。同じように、勉強もそれを習慣にしてしまえば苦痛には感じなくなるはずです。
 私の場合ですが、毎日必ずパソコンでメールチェックをしていたので、ノートパソコンの上に社会保険労務士の参考書を置き、“毎日決めたノルマを果たさなければパソコンを開かない!”というマイルールをつくりました。メールチェックは気にかかりますが、本当に急ぎの用件なら携帯にも連絡が来るはずです。その結果、それまで毎晩のようにクーポンメールなどから広告サイトに誘導され、無駄にネットサーフィンをしていた時間が勉強時間になり、有意義に過ごすことができるようになりました。

■励まし合う仲間をつくるなど、モチベーションを維持する工夫を
 誰にも言わずに一人でコツコツ勉強……できる人もいるのかもしれませんが、私は性格的に無理!!! と思いました。うまくいっているときはともかく、勉強が思うように進まなかったり挫折しかかったりしているときなどはなおさらです。ですから、勉強を励まし合える仲間をつくれたら良いと思います。SNSなどで一緒に頑張る仲間を探すとか、他の資格試験でも構わないので目標を持って勉強している人を見つけて、たまに一緒に勉強するなども良いかもしれませんね。
 それから、家族に合格宣言をしてしまい、勉強が進んでいないようだったらはっぱをかけてもらう&合格後に何かお祝いをしてもらう約束を取り付けるのも良いかもしれません。
 とにかく、やる気がダウンしないように、ダウンしたときでももう一度立ち上がれるように、何か仕組みをつくっておくことが不可欠だと思います。


>前のページ>社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?
>次のページ>【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~

関連記事

  1. 【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?
  2. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~
  3. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
  4. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~その勝因は何か?~
  5. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~知り合いの社会保険労務士の先生の体験談~
  6. 【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~
  7. 【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?
  8. 【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
  9. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~
  10. 社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?