【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?

【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?

社会保険労務士試験をめざして2年目。1年目の試験が散々な結果で、かといってこれまでに費やした時間とお金を無駄にするのは絶対に嫌。でも、正直言って独学だとついつい勉強が後回しになってちっとも進まない……。乳児を抱えての独学に限界を感じた私は、次の勉強のパートナーとして通信教育を選びました。

通信講座で勉強するメリットとデメリット
■通信教育の選び方
 社会保険労務士の通信教育講座は、本当にたくさんあります。なので、まずは手当たり次第に資料請求をして、その対応の仕方(企業の姿勢が意外と出ます!)や講座の内容をしっかり確認してから選ぶとよいと思います。因みに、私が通信教育を選んだポイントは以下の点です。
 ・テキストが分かりやすいか?
 ・テキストは定期的に改訂されているか?
 ・講義のDVDかCDがついているか?
・挫折しないためのサポート体制はどうなっているか?
 ・合格実績はどうなっているか?
 こういった点を重視しつつ総合的に判断し、自分の中で一番条件に合っていると感じた某社の通信教材(講義CDつき)を選び、私は勉強を再スタートさせました。

■通信教育のメリット
 通信教育のメリットは、時間や場所の拘束がないことです! 子育て中の私にとって、このことは本当にありがたかったです。娘をベビーカーに乗せて出かける電車待ちの時間に雑誌を読むかのようにテキストを読み、娘を寝かしつけながらスマホで問題を解き、家にいるときは講義CDを流しっぱなしにし……。とにかく、思っていた以上に勉強する時間がつくれました。母に頼みこんで泣きじゃくる娘を預けて専門学校に通ったあの苦労は何だったんだろうというくらい。
 テキストとの相性が良かったのか、専門学校で勉強してイマイチ分かりにくかった部分も、通信教育のテキストでは理解できました。
娘が1歳3カ月のときからは時短で仕事に復帰しましたが、通信講座のおかげで通勤時間にもお昼休みにも勉強することができました。
仕事復帰から5カ月目の8月。私は自信を持って試験本番に臨むことができ、見事社会保険労務士試験に合格することができました。

■通信講座のデメリット
 通信講座の場合も、独学ほどではないですが挫折のリスクは付きまといます。ですから、なるべくサポート体制の整った講座を選ぶことが大切だと思います。通信講座で社会保険労務士に合格できるかどうかのカギはどの講座を選ぶかにかかっていると思います。しっかり比較・検討して、納得できる講座を選びましょう。


>前のページ>【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
>次のページ>【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~

関連記事

  1. 【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?
  2. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~
  3. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
  4. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~その勝因は何か?~
  5. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~知り合いの社会保険労務士の先生の体験談~
  6. 【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~
  7. 【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
  8. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~
  9. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~
  10. 社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?