社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?

社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?

社会保険労務士試験を受けるのなら、当然ながら最低でも1年くらいは勉強をしなければなりません。
そして、その場合の勉強方法は一般的に ①専門学校に通って勉強 ②通信講座で勉強 ③独学 の3つのやり方があるでしょう。どのやり方を選ぶかはその人の事情によって異なりますが、少しでも参考になるように各学習方法のメリット・デメリットなどを整理してみようと思います。

独学、通学、通信、どれがいいの?
■社会保険労務士の勉強方法

学習方法 メリット デメリット その他
専門学校 合格率は比較的高め
カリキュラムが整っている
友人と励まし合え、挫折しにくい
疑問点は質問できる
学費は高め
時間が確実に拘束される
近くに学校がないことも
入学時期が決まっている
欠席してしまった時の振り替えや追加料金の有無などについては事前に要確認!
通信講座 学習開始時期の制限は少ない
カリキュラムが整っている
費用は専門学校よりは安い
自分のペースで勉強できる
疑問点は質問できる
時間と場所を選ばない
合格率は講座によってまちまち
意志が強くないと挫折する可能性もある
通信講座は種類が多いので、資料請求をしまくって比較しながら決めると良い!
独学 いつでも始められる
費用が最低限で済む
自分のペースで勉強できる
時間と場所を選ばない
合格率は不明
自分で情報収集、参考書選びまでしなくてはいけない
疑問点を質問できない
最新の情報が入らない可能性も
挫折する可能性は非常に高い
身近にアドバイスしてくれる人がいるなど、条件・環境によってはアリかも。

こうしてみると、よほどの事情がない限りは専門学校か通信講座での勉強を選ぶ方が無難な気がします。
独学のメリットは「費用がかからない」「自分のペースでできる」という2点につきますが、お金の面だけで独学を選ぶのなら、早めに社会保険労務士試験に受かってバリバリ稼いで自分に投資した分のお金も回収してやる! くらいの気持ちで臨めば良いのではないでしょうか? 
意志の強さに自信がある人で、学生、子どものいない専業主婦など時間も比較的ある人、あるいは身近に社会保険労務士がいてアドバイスをもらえる人、実際に仕事で総務系のことをやっている人などは独学でも良いかも知れませんが、そうでなければ、参考書代や勉強に費やした時間などが結果的に全て無駄になってしまうかもしれません。


>前のページ>社会保険労務士に独学で受かる勉強法とは?
>次のページ>【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~

関連記事

  1. 【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?
  2. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~
  3. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
  4. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~その勝因は何か?~
  5. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~知り合いの社会保険労務士の先生の体験談~
  6. 【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~
  7. 【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?
  8. 【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
  9. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~
  10. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~