育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~

育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!② ~2年目の成功~

 ボロボロで終わった1回目の社会保険労務士試験。でも、諦めるのは嫌でした。とはいえ、予備校のテキストを一人で読んでいてもなかなか頭に入らず、独学の限界も感じていた私。そこで、通信教育で勉強をすることにしました。

社労士通信講座で勉強したら
■私にも続けられる通信教育があった!
実は私には、中学生のころ某通信教育をやっていましたが、オマケの冊子を楽しむばかりで1回も課題を提出せず、母に大目玉をくらって止めたという苦い経験があります。そのため通信教育は正直不安だったのですが、「ちゃんとやってるか監視してあげる」という専門学校で知り合った友人の言葉もあり、試験終了直後から、片っ端から資料請求をして自分に合った通信講座を探しました。そして、何もかもが私にピッタリな某社の通信教育に出会ったのです!

■教材が充実した通信講座でスムーズに勉強
 10月から通信講座での勉強を始めた私ですが、まず気付いたのはテキストの大きな違いでした。専門学校の教科書に書かれているのは必要最低限の内容で、講義で補うことを前提につくられています。一方、通信教育の教材は初学者が一人で読んでも理解できるレベルまで噛み砕いてあるのです。さらに、私が選んだ通信講座のテキストはフルカラー。見やすいし、勉強中にもテンションが上がって良かったです。テキストは20冊以上ありましたが、1冊1冊は薄くてコンパクトだったので、どこに出かけるのにも持って行けて便利でした。また、講義メディアはDVDとCDが選べたのですが、私は聞き流しができるCDを選択し、家にいる間はずっとBGMのように流していました。
 子育て中の身にとっては、時間と場所を拘束される専門学校より、自由に思い立ったときに勉強できる通信講座の方が勉強に適しているということを実感しました。

■育児・仕事・勉強を両立させて社会保険労務士に合格
4月からは、娘を保育園に預けて時短で職場に復帰しました。そこから2回目の社会保険労務士試験の受験日まで4カ月足らず。追い込みの時期に仕事復帰となったわけですが、通勤時間と仕事の昼休みという1日3回の“確実に勉強ができる時間”ができたかたちになり、私にとってはむしろ追い風でした。通勤中には、通信講座の受講生専用のスマホアプリで勉強。スマホの画面くらいなら満員電車でも見ることができてとても便利でした。
こうして、「二度目の正直」で私は無事、社会保険労務士試験に合格しました。自分にとって相性ピッタリの通信講座に出会えたおかげだと思います。背中を押してくれた先生、励ましてくれた友人、そして夫と娘に、本当に感謝したいと思います。


>前のページ>育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
>次のページ>【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?

関連記事

  1. 【社会保険労務士】勉強のモチベーションを上げるには?
  2. 育児中の30代主婦が社会保険労務士に合格した勉強法と体験談!① ~1年目の失敗~
  3. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~その勝因は何か?~
  4. 働きながら独学で社会保険労務士に一発合格! ~知り合いの社会保険労務士の先生の体験談~
  5. 【社会保険労務士】合格までの学習時間は?~専門学校・通信教育・独学 それぞれの場合~
  6. 【社会保険労務士】通信教育でめざす勉強法は?
  7. 【社会保険労務士】通学式の専門学校でめざす勉強法は?
  8. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法②~注意事項編~
  9. 【社会保険労務士】独学でめざす勉強法① ~アドバイス編~
  10. 社会保険労務士になるために、どうやって勉強するか?